あごのシリコン
プロテーゼ抜き(除去)

こんなハズではなかった…その不満にさよなら

あご・輪郭・小顔

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

あごのシリコンプロテーゼ抜き(除去)の特徴

あごをすっきりと形よく整えたい。そう願って手術をしたけれど、顔が長くなってしまった、あごがしゃくれてしまったなど、仕上がりが気に入らなかったという場合があります。また時間が経ってから違和感を覚えたり、不安を感じるようになるという場合もあります。
あごのプロテーゼを抜く手術は、入れる手術に比べるととてもシンプル。手術時間も術後の腫れも少なくてすみます。口の中を2~3cm切開して引き出すので、手術跡が人目に触れることもありません。


口腔内を切開するので傷跡は目立ちません

【ここがポイント!】

入れる手術に比べて短時間で終了
・数分から長くても15分程度で終了します。
但し、手術時間は入れていた期間で変わる
・一般に、プロテーゼを入れていた期間が短いほど早く抜くことができ、入れていた期間が長いほど時間がかかることが多くなります。
術後の腫れやダウンタイムも入れるより軽い
・傷口は溶ける吸収糸で縫合するので、抜糸の必要はありません。
・個人差はありますが、大きな腫れは1~3日程度です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

あごのシリコンプロテーゼ抜き(除去)

¥175,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

あごのシリコンプロテーゼ抜き(除去)

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 2~15分
術後の通院 1回
術後の腫れ 大きな腫れは1~3日
抜糸 手術日から1週間後
※溶ける糸を使用した場合は不要
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔