エラ骨切り/削り

憧れの小顔へ近づくために

あご・輪郭・小顔

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

エラ骨切り/削りの特徴

エラが張った顔は、それだけで頑固で我の強いイメージになり、さらには顔が大きいという印象を与えがち。このエラさえなければと、思い悩んでいる人も多いものです。
『エラ削り』は、その名の通りエラの骨を削るもの。フェイスラインの変化は横顔を見れば一目瞭然で、すっきりとしたやさしい顔立ちに生まれ変わります。
手術は、奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口の中からの手術なので、傷跡も気になりません。
術後は角張ったエラが消え、小顔になった喜びが実感できるはずです。


口腔内を切開するので傷跡は目立ちません

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

エラ骨切り/削り

¥1,200,000~1,800,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

他の施術との比較

  ボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術) エラ削り
施術時間 10分 約2時間
入院の必要 なし 全身麻酔で行うため、約3日間の入院が必要
術後の腫れ ほとんどなし 約2~4週間は強い腫れあり。
術中の痛み 麻酔クリームをぬってから極細の針で注射するので極くわずか。 全身麻酔で行うので術中の痛みは感じません。
術後の痛み なし 約2~4週間は痛みあり。
効果の持続 1回注射をするだけだと、6~12ヶ月で薬の効果はなくなるが、薬の効果がなくなっても注射する前より顔が小さくなっていることが多い。4~6ヶ月おきに約5回程注射すると半永久に効果が続き、元に戻らない。 永久に持続する。
小顔の効果の優劣 正面から見たときの顔の横幅を細くする効果はエラ削りよりも優れていることが多い。真横から見たときのエラのラインを滑らかにする効果はエラ削りよりも劣ることが多い。 正面から見たときの顔の横幅を細くする効果はボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)よりも劣ることが多い。真横から見たときのエラのラインを改善する効果はボツリヌストキシン注射(エラ、プチ小顔術)よりも優れていることが多い。
料金 ¥150,000 ¥1,200,000~1,800,000

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2時間
術後の通院 1~2回
術後の腫れ 2~4週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 不可能
入院の必要性 約3日間
麻酔 全身麻酔