いびき治療(レーザー)

本人も家族にも悪影響のいびき
レーザーで口蓋部分を拡げて改善

その他診療

他の施術一覧

いびき治療(レーザー)の特徴

疲れているときなどは誰でもいびきをかきますが、それが重症になってくると大きな問題です。いびきは近くで寝ている家族などに迷惑をかけるというのもありますが、何より本人の健康面で色々なトラブルが出てくる可能性を持っています。
『レーザー』によるいびき治療は、狭い口蓋部分をレーザーで拡げるというもの。施術時間は30分程度。術前の麻酔は注射によるものではなく、ゼリー状の麻酔液を喉の奥へ置いて、口蓋部分に麻酔をかけるという方法です。
いびきの悩みが改善されると、睡眠の質がよくなるほか、友人との旅行などにも気楽に出かけられるなど、日常生活に多くの好影響が出てきます。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

いびき治療(レーザー)

¥200,000 【東京】

リスク・副作用・合併症

いびき治療(レーザー)

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 0~1回
術後の腫れ 強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 ゼリー麻酔とスプレー麻酔併用