顔面神経麻痺

顔面の麻痺を改善し
様々な表情ができるあなたへ

その他診療

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

顔面神経麻痺の特徴


顔面神経麻痺の症状

顔面神経麻痺とは、顔面麻痺とも呼ばれ、顔の表情を作る筋肉、表情筋をはじめ、味覚・聴覚などを支配する顔面神経に障害が起こる状態を言います。
前頭筋、眼輪筋、大・小頬骨筋、頬筋、口角挙筋、口輪筋、口角下制筋、口唇下制筋、広頚筋など、すべての表情筋が麻痺することで、眉毛が下がり、眼瞼は外反、口角がしまらなく歪んでたれ下がります。これにより、喜びや悲しみなどを顔で表しにくくなります。また、口角にしまりがなくなり、食べ物や、唾液が漏れてしまうこともあります。

高須クリニックでは、ボツリヌストキシン注射、フェイスリフトなどの最新の手術によって、顔面神経麻痺を治療しています。

顔面神経麻痺の原因

脳外科手術 外傷 ベル麻痺 顔面の腫瘍の手術 ラムゼイハント症候群 原因不明のもの

顔面神経麻痺の治療方法

健側への
ボツリヌストキシン注射
麻痺のない、引きつった頬・口角へボツリヌストキシンを注射し、筋肉をゆるめて、
左右対称に近づけます。個人差はありますが、約6ヶ月程度効果が持続します。
側頭筋移行術
側頭筋をまぶたと口角へ移行することで、目を閉じられるようにし、
下がった口角を引き上げます。
眉毛挙上術(ブローリフト)
顔面神経麻痺によってたれ下がった眉毛を、麻痺のない部分に合わせて引き上げます。
患側のフェイスリフト
顔面神経麻痺によってたれ下がった頬を手術で引き上げます。
下まぶたの外反の治療
下まぶたの外反(アカンベーの状態になって、目が閉じられない状態)を手術で治療します。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

顔面神経麻痺

健側へのボツリヌストキシン注射 ¥50,000 / 側頭筋移行術 ¥1,200,000 / 眉毛挙上術 ¥175,000 / 患側のフェイスリフト ¥300,000~600,000 / 下まぶたの外反の治療 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症