レーザー(しみ・あざ)

肌の消しゴム
シミやあざを狙い撃ち

肌・美容皮膚科

他の施術一覧

レーザー(しみ・あざ)の特徴

年齢とともに、色が濃くなり、数も増えてくるシミ・そばかす。そして化粧品やエステではなかなか改善できないあざ。なんとかしたい色素による問題を、解決したい人にご検討いただきたいのが、『レーザー治療』です。改善したい色素の状態に合わせて調整できるしみ・あざ取りレーザーを用い、メラニン色素だけをピンポイントで破壊。周囲の正常な組織にダメージを与えることなく、シミやあざを取り除く治療です。
治療は、気になる部分にしみ・あざ取りレーザーを照射するだけ。このとき、多少の刺激は感じますが、痛みは輪ゴムで肌を弾いているような程度。照射した部分はかさぶたになり、10日前後で自然に剥がれます。
青・黒・茶褐色と、複雑に色素が絡み合った太田母斑(目の周囲の片側に現れることが多い斑で、思春期以降に発症する場合が多い)にも有効で、3ヶ月~半年程空けて数回照射を繰り返すと、他の皮膚と変わらない状態に近づいていきます。
治療部位は顔だけでなく、手の甲や腕なども可能です。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

しみ・あざ取りレーザー

1cm×1cm ¥10,000※外用薬の料金が別途必要となります。 【全院】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(6ヶ月後)
    • しみ・あざ取りレーザー

    男性顔の盛り上がったシミ(セボケラ、脂漏性角化症)をCO2レーザーアブレージョンで治療した症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    私自身の治療の症例写真です。
    数年前からゴルフなどでよく紫外線に当たる影響で、徐々に頬にシミができてしまいました。
    最初は平らなシミだったのですが、だんだん盛り上がって大きくなってきました。
    平らなシミは通常のしみ・あざ取りレーザーで治療できるのですが、このように盛り上がったシミは、通常のシミ取りレーザーでは効果はありません。
    そのため、局所麻酔の注射をし、CO2レーザーで削る(アブレージョン)必要があります。
    治療はさすがに自分の顔を自分ではできないため、高須英津子先生にやってもらいました。
    麻酔は、麻酔クリームを塗ってから極細の注射針で注射をするため、それほど痛くありませんでした。
    治療自体は5分くらいで終わりました。
    治療後6ヶ月ではほとんど赤みが引き、綺麗になりました。
    シミは消えましたが、紫外線に当たると再発したり、他の部位に新たなシミができることもあるので、今後は紫外線予防をしっかりしようと思います。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    CO2レーザー

    ほくろ直径1mm未満 ¥2,000~5,000 / ほくろ1mm×1mm ¥5,000 / ほくろ2mm×2mm ¥10,000 / ほくろ5mm×5mm ¥40,000 / イボ直径1mm未満 ¥2,000~5,000 / イボ直径1mm以上2mm未満 ¥5,000 / あざ(レーザー)1cm×1cm ¥10,000 【全院 】

    CO2レーザー(シミ)

    シミ 1cm×1cm ¥12,000 【全院 】

    しみ・あざ取りレーザー

    1cm×1cm ¥10,000※外用薬の料金が別途必要となります。 【全院 】

    リスク・副作用・合併症

    CO2レーザー

    CO2レーザー(シミ)

    しみ・あざ取りレーザー

    詳細を見る

  • Before After(3ヶ月後)
    • しみ・あざ取りレーザー

    30代女性しみ・あざ取りレーザー症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    30代女性の患者様です。
    右の頬骨の上にぼんやりとしたシミがありました。
    このシミは老人性色素斑というシミで、肝斑などの特殊なシミとは違い、いわゆる普通のシミです。
    このタイプのシミには、シミ取り専用のしみ・あざ取りレーザーが効果があります。
    レーザー照射後、シミのあったところはすっかりきれいになりました。
    レーザーでシミがきれいになった後はケアが大事です。
    シミというのは、皮膚の老化現象によってできるものなので、せっかくレーザーできれいになっても、毎日紫外線を浴びていたら、またシミができてしまいます。
    特にこのシミのような頬骨の上の出っ張っているところは紫外線が当たりやすいので注意が必要です。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    しみ・あざ取りレーザー

    1cm×1cm ¥10,000※外用薬の料金が別途必要となります。 【全院 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After
    • しみ・あざ取りレーザー

    レーザー(しみ・あざ) シミをレーザーで治療

    高須英津子医師からのコメント

    しみは加齢と共に、徐々に色が濃くなってくることがあります。この患者様も加齢によって濃くなったしみに悩まされていました。しみの治療にはいくつか方法がありますが、この患者様の場合は、ねらった部分のメラニン色素をピンポイントで破壊するしみ・あざ取りレーザーを選択しました。
    照射時に多少の刺激は感じますが、輪ゴムで肌を弾いているような程度の痛みです。照射した部分はかさぶたになった後、10日前後で自然に剥がれ、しみがなくなります。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    しみ・あざ取りレーザー

    1cm×1cm ¥10,000※外用薬の料金が別途必要となります。 【全院 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 3~5分
術後の通院 なし
術後の腫れ かさぶた1週間程度(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔