蒙古ひだ形成・
目頭切開後の修正

寄り目を治してバランス良くやさしく魅力的な目もとに

二重まぶた・目もと

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正の特徴

“蒙古ひだ”とは、上まぶたの内側から目頭部分にかけて覆いかぶさっている皮膚のこと。これが張りすぎていると目が細くなったり、目と目が離れて見えてしまいます。反対にほとんどないような状態だと、目が顔の中央に寄りすぎて、きつい印象に見えてしまいます。
多くても少なくても顔のバランスをくずしてしまう蒙古ひだ。生まれつき少ない人や、目頭切開で寄り目になってしまった人のための手術が、『蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正』です。
手術は、目頭から上まぶたにかけての皮膚を切開し、皮膚を広げるというもの。これによってひと回り目と目の間が離れ、目もと全体のバランスが整います。同時にやさしい印象になり、ニッコリ微笑んだときの笑顔もより魅力的なものになります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(6ヶ月後)
    • 蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    女性他院で目頭切開を受けた後、蒙古襞形成で修正手術した症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    当院に来院される6ヶ月以上前に他院で目頭切開を受けている患者様です。
    今回、修正手術目的で当院に来院されました。
    目頭切開を受けたことによって、不自然でバランスが悪くなってしまったので、自然に治したいということと、傷跡が汚くて目立つので綺麗にしてほしいというご要望でした。
    診察させていただいたところ、目頭切開のデザイン、術式は不明ですが、恐らく、W法(内田法)に準じたデザインでやっているようで、目頭の形が丸くぱっくり開いて、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっている不自然な状態になっていました。
    傷跡はWの字かVの字かはっきりわからない状態でしたが、大きく汚く残っていました。
    蒙古襞形成手術を行えば、丸くぱっくり開いた不自然な目頭の形を修正することは可能ですが、傷跡を確実に綺麗にすることは見込めない状態でした。
    患者様には、「傷跡を今より綺麗にすることは約束できないが、目頭の形を自然にすることはできる」ということをお話しし、手術することになりました。
    手術は、逆Z法で行い、目頭の皮膚でフラップ(皮弁)を作成して、蒙古襞を形成し、約1.5mm程度ずつ涙丘を隠すようにしました。
    術後は目頭の先端が適度に尖った丸い形の蒙古襞ができ、自然な印象になりました。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • 蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    40代女性他院で切られ過ぎた目頭切開を蒙古襞形成で修正した症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    40代女性の患者様で、他院で受けた目頭切開の修正手術希望で来院されました。
    診察させていただいたところ、恐らく、W法(内田法)で目頭切開を受けており、うっすらとWの字型の傷跡が見られました。
    かなり皮膚を切除されてしまったようで、蒙古襞が完全になくなっている状態になっており、目頭の形がパンチで穴を開けたような状態で、ぱっくり丸く開いていました。
    そのため、涙丘(目頭側の赤い粘膜が盛り上がっている部分)が丸見えになっており、異様な目になっていました。
    また、この患者様は、元々、骨格的に眼球の位置が外側についているタイプなのに、目頭切開で、左右の目の横幅と、目と目の間隔を、黄金比率の1:1:1にしたため、両目の黒目が外側に向いている外斜視(いわゆるロンパリ)の状態になっていました。
    蒙古襞形成を行い、涙丘を襞で隠し、バランスを整えることになりました。
    通常の下向きの蒙古襞を望んではいなかったので、逆Z法ではなく、V-Y法で行いました。
    目頭側の上下の皮膚を裏側と表側で縫い合わせ、約1.5mmずつくらい涙丘を隠すようにしました。
    術後は程よく涙丘が隠れ、修正手術前のような異様な感じはだいぶ改善されました。
    黄金比率にある、「左右の目の横幅と、目と目の間隔が1:1:1が理想」というのは、あくまで、そのようなバランスの人は美しいというものであり、何でもかんでも美容整形手術で1:1:1にすれば良いのではありません。
    骨格的な眼球の位置、眼球の大きさ、蒙古襞の張り方などによって、その人の一番良いバランスというのがあるので、数字にとらわれず、1:1:1に拘らないことが重要です。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • 蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    20代女性他院で目頭切開をした後、片目だけ逆Z法で蒙古襞形成し、左右対称に近づけた症例写真の術前術後画像

    高須幹弥医師からのコメント

    20代女性の患者様で、目頭切開の修正手術希望で、来院されました。
    6ヶ月以上前に、他院で両目の目頭切開を受けたとのことでした。
    診察させていただいたところ、左目よりも右目のほうが切り込まれており、涙丘(目頭の赤い粘膜の膨らんだ部分)も多く露出しており、左右差が目立っていました。
    前医での目頭切開の術式は、傷跡だけを見てもよく分かりませんでした。
    Z法なのか、内田法でWの字に切開したつもりなのか、三日月型に皮膚を切除して縫合しただけなのか、不明でした。
    ただ、左目に比べ、右目のほうが傷跡が目立っていました。
    患者様は、「左目はいいので、右目だけを修正し、左目と同じような下向きの蒙古襞を作って、なるべく左右対称にしてほしい」というご要望だったので、右目のみ蒙古襞形成手術をすることになりました。
    手術は逆Z法で行い、前医での目頭切開の傷跡を含めてフラップ(皮弁)にし、下向きの蒙古襞になるように回転させ、固定しました。
    フラップのあった部位は中縫いはせず、丁寧に皮膚の表面を縫合しました。
    術後は、綺麗に下向きの蒙古襞ができ、ほぼ左右対称の涙丘の見え具合、目の横幅になりました。
    また、結果的に、前医での目頭切開の傷跡が目立たなくもなりました。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

    片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 1回
術後の腫れ 約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能
メイク 抜糸後より可能