ミニフェイスリフト
(頬のたるみ取り)

額や口もとの深いしわへ手術で直接アプローチ

肌・美容皮膚科

他の施術一覧

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)の特徴

頬やこめかみ、口もとなどの「部分的なしわやたるみが気になる!」という人にご検討いただきたいのが『ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)』。通常のフェイスリフトよりも傷口が小さく、術後の腫れも少ないのが特徴です。
手術は、傷跡がちょうど髪の毛に隠れる部分(耳の前の軟骨に沿った部分)を3~4cm切開し、後ろに引っ張ってしわとたるみを伸ばすというコンパクトな方法。結合させる部分を丁寧に縫い縮めた後、残った皮膚を切り取って縫合します。施術時間は約1時間。傷跡は髪の毛に隠れるので、周りに気づかれる心配もありません。


耳の前の目立たない部分に小さな切開をし、頬のたるみを引き上げます。
傷跡はほとんど分からなくなります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

¥600,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(6ヶ月後)
    • ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    50代女性ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)で頬のたるみを改善させた60代女性の症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    60代女性の患者様で、顔全体のたるみを改善させてエイジングケアしたいというご要望でした。
    診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体がたるんでおり、特に、頬、フェイスライン、顎下、首のたるみが目立っていました。
    患者様は、「しっかりした効果がでるなら切る手術がしたい」というご要望でした。
    当院の治療の中で、頬、フェイスライン、顎下、首のたるみを最もリフトアップするフルフェイスリフトをご提案したところ、「そこまで本格的にやらなくてもよいので、まずはミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)くらいの控えめな切開するリフトアップ手術がしたい」ということでしたので、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
    手術は、耳の輪郭に沿って耳前部切開から行い 、余分なSMASを切除して、ディープレイヤーを剥離しながらリテイニングリガメントを切離、処理した後、SMASをプライケーションして、縫縮、固定しました。
    手術後は、程よく頬、フェイスライン、顎下のたるみが改善しました。
    この患者様のように、頬、フェイスライン、顎下首のたるみが多い場合、本来ならフルフェイスリフトが適応であり、最も効果があります。
    しかし、患者様がフルフェイスリフトではなく、もう少しマイルドな治療をご希望された場合は、ご要望通りの治療をさせていただき、その治療の範囲内でできる限り改善するように頑張らせていただきます。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    ¥600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    50代女性ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)で頬のたるみがリフトアップした50代女性の症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    50代女性の患者様で、エイジングケア治療をご希望で来院されました。
    診察させていただいたところ、特に顔の下半分のたるみが目立ち、頬、フェイスライン、顎下のたるみが顕著でした。
    患者様は、「ダウンタイムはとれるので、多少腫れてもいいので、なるべくたるみを改善してエイジングケアしたい」というご希望だったので、切開するリフトアップ手術をすることになりました。
    顔の下半分をリフトアップするための切開する手術は、切開する範囲やリフトアップ効果などにより、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)~ミディアムフェイスリフト~ロワーフルフェイスリフトの3段階あります。
    この患者様は、最も効果の大きいロワーフルフェイスリフトの適応がありましたが、諸事情により、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
    手術後は、頬、フェイスライン、顎下のたるみが程よくリフトアップされました。
    また、フェイスラインのたるみが改善したことにより、シャープな輪郭になり、小顔効果もありました。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    ¥600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    50代女性70代女性にミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)を行い、頬や首のたるみを改善させた術前術後画像

    高須幹弥医師からのコメント

    70代半ばの女性で、エイジングケア希望で来院されました。
    診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体がたるんでおり、特に、上まぶた、下まぶた、頬~フェイスライン~首にかけてたるんでいました。
    患者様は、頬~フェイスライン~首のたるみを改善させたいというご要望でした。
    年齢相応にかなりのたるみがあったので、当院の治療の中で、最も効果の大きいフルフェイスリフトをご検討いただきましたが、そんなに大掛かりな手術ではなく、少したるみが改善すればいいということでしたので、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
    こめかみの頭髪内から耳前部にかけて小さな切開をし、ザイゴマティックリガメントを皮下で外した後、SMAS三角弁を作り、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)の範囲内でできる限り引っ張りました。
    術後は、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)なりに、頬~フェイスライン~首にかけてリフトアップされ、目立っていた顔の下半分をほどよくエイジングケアすることができました。
    頬~フェイスライン~首のたるみの切るリフトアップ手術は、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)~ミディアムフェイスリフト~フルフェイスリフトの3段階あります。
    患者様の顔のたるみ具合、どれだけリフトアップするかのご希望、予算などに応じて、カウンセリングでしっかりと話し合い、臨機応変に決めさせていただきます。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

    ¥600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

フェイスリフト系手術の比較

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトでは、切開する範囲と、効果のある範囲が異なります。
たるみの状態や範囲、お悩みなどを専門医が丁寧にカウンセリングしたうえで、施術を決定します。

  ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り) ミディアムフェイスリフト フルフェイスリフト
施術時間 60分 約90分 約120分
麻酔 局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり) 強い腫れは約1週間
(個人差あり)
強い腫れは約1週間
(個人差あり)
効果のでる範囲 (+)
こめかみ、頬、口もとなどに
ピンポイントに効果あり
(++)
こめかみ、頬、口もとの
広い範囲に効果あり
(+++)
こめかみ、頬、口もと、
首にかけての、ほぼ顔全体の
たるみに効果あり
リフトアップ効果 部分的なしわやたるみが
改善され、効果あり
顔全体の肌が引き締まり、
効果あり
顔全体の広い範囲の肌が
引き締まり、高い効果がある
効果の持続 半永久的に効果あり 半永久的に効果あり 半永久的に効果あり
料金 ¥600,000 ¥900,000 頬・アゴ/¥1,200,000
額/¥1,000,000
顔全体/¥2,200,000

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 60分
術後の通院 1回
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能