胸のシリコン
プロテーゼ抜き(除去)

こんなハズではなかった…その不満にさよなら

豊胸・
バスト・乳首

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)の特徴

豊かで形のよいバストにしたい。そう願って手術をしたけれど、仕上がりが気に入らなかったという場合があります。また時間が経ってから違和感を覚えたり、不安を感じるようになるという場合もあります。中には、昔の生理食塩水バックから水が抜けて片方だけぺちゃんこになって困っているという方もいます。
プロテーゼを抜く手術は、入れる手術に比べるととてもシンプル。手術時間も術後の腫れも少なくてすみます。前回入れたときの切開線を再び切開して引き出すので、手術跡が目立つということもありません。


施術イメージ

【ここがポイント!】

入れる手術に比べて短時間で終了
・15分から長くても1時間程度で終了します。
但し、手術時間は入れていた期間で変わる
・一般に、プロテーゼを入れていた期間が短いほど早く抜くことができ、入れていた期間が長いほど時間がかかることが多くなります。
状況によっては、切開位置が異なることも
・基本は前回プロテーゼを入れたときの手術で切開したワキや乳輪から取り出しますが、乳房下溝(バストの下のシワになっている部分)を切開して取り出すこともあります。
術後の腫れやダウンタイムも入れるより軽い
・個人差はありますが、大きな腫れは1~3日程度です。
・1週間後に抜糸をすれば、その後に通院の必要はありません。
同時にヒアルロン酸注射や脂肪注入で豊かなままに
・診察のうえ可能であれば、プロテーゼを抜くのと同時に行うこともできます。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

¥500,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※全身麻酔で行う場合は、全身麻酔代が別途¥50,000かかります。

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(生理食塩水バッグ
    プロテーゼ除去手術後)
    • 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    40代女性大胸筋下の生理食塩水バッグプロテーゼを抜いた症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    40代女性の患者様で、約20年前に他院で豊胸手術を受けています。
    見た目や触り心地が不自然なので、取ってしまいたいというご要望でした。
    診療させていただいたところ、大胸筋下に生理食塩水バッグプロテーゼが入っていると思われました。
    非常に痩せていて皮膚が薄いので、生理食塩水バッグのエッジが触れる状態であり、見た目も不自然で、バッグが波うっているのが見える状態でした。
    バッグの入っている位置もおかしく、高さの左右差が顕著でした。
    患者様のご希望もあり、生理食塩水バッグを除去することになりました。
    前回の他院での手術は、ワキを切開してプロテーゼを入れていたので、今回の除去手術もワキの同じ傷からアプローチすることにしました。
    手術は全身麻酔下に行い、スムースにプロテーゼを抜くことができ、20分程度で終了しました。
    手術後は本来のバストに戻り、萎んで、やや垂れてしまいましたが、不自然な見た目や触り心地はなくなりました。
    生理食塩水バッグは、昔一部で使われていたバッグプロテーゼで、手術が簡便である反面、
    ・見た目や触り心地が不自然になる
    ・衝撃で破裂することがある
    ・徐々に中身の生理食塩水が漏れて、萎んで小さくなってしまう
    などのリスク、弊害などもあります。
    過去に入れた生理食塩水バッグを取りたい場合、取るのは比較的容易であることが多いです。
    また、コヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼに入れ替えることができることもあるし、抜去して脂肪注入したり、抜去してヒアルロン酸注射することもあります。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    ¥500,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    ※全身麻酔で行う場合は、全身麻酔代が別途¥50,000かかります。

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(1週間後)
    • 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    40代女性被膜(カプセル)拘縮を起こした豊胸シリコンプロテーゼを除去した症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    40代女性の患者様で、約20年前に豊胸手術を受けており、プロテーゼを取りたいというご要望で来院されました。
    診察させていただいたところ、入っているプロテーゼの詳細は不明でしたが、乳腺下に入っていると思われました。
    左右のバストが共に被膜拘縮(カプセル拘縮)を起こしており、プロテーゼの入っている位置の高さも違い、左右差も激しくありました。
    被膜拘縮を起こしている原因は、入っているプロテーゼの材質が悪いためなのか、手術を行った医者の技術が低いためなのかは、または他の原因なのかは、診察しただけでははっきりわかりませんでした。
    このような症例の場合、
    ・単にプロテーゼを抜くだけにするか
    ・プロテーゼを抜くのと同時にヒアルロン酸注射をするか
    ・プロテーゼを抜くのと同時に脂肪吸引して脂肪注入するか
    ・乳房下溝を切開してカプセルトミーして、新しいシリコンジェルバッグプロテーゼに入れ替えるか
    などの選択肢があります。
    患者様にそのことをお話ししたところ、「まずはプロテーゼを取るだけでいい」ということだったので、プロテーゼ除去手術のみをすることになりました。
    手術は全身麻酔下に行うことになりました。
    前回の手術はワキから切開してプロテーゼを挿入していたため、今回の手術もワキの同じ傷から切開し、プロテーゼを除去しました。
    手術は問題なくスムースに進み、20分程度で終了しました。
    プロテーゼはテクスチャードタイプのシリコンジェルバッグで、特に破損等はなく、内容物が漏れていることもありませんでした。
    術後は本来の自分のバストに戻ったため、萎んで垂れてしまいましたが、またバストを大きくしたいときは、この患者様の場合は、私に関しては、術後1ヶ月以上経過すれば、ヒアルロン酸注入や脂肪注入をすることができます。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    ¥500,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    ※全身麻酔で行う場合は、全身麻酔代が別途¥50,000かかります。

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    40代女性生理食塩水豊胸バッグを除去し、同時にバスト脂肪注入した症例の術前術後画像

    高須幹弥医師からのコメント

    40代女性の患者様で、22年前に入れた生理食塩水豊胸バッグを取りたいというご要望で来院されました。
    診察させていただいたところ、生理食塩水バッグは大胸筋下に入っており、特別破損していたり、内容が漏れていることはありませんでしたが、やや下方にプロテーゼが入っているためか、バストが下の方についているように見え、見た目が少し不自然でした。
    また、コヒーシブシリコンジェルバッグではなく、生理食塩水バッグであるため、さわり心地が水風船のようにちゃぷちゃぷした感じで、少し不自然でした。
    元々、ほとんど胸がなく、ぺちゃんこだったということだったので、豊胸バッグを取り除くと、またぺちゃんこの胸に戻ってしまうことが予想されました。
    豊胸バッグを除去した後でもある程度の胸の膨らみが欲しいということでしたので、全身麻酔下に、元々あったワキの傷跡から生理食塩水バッグを除去し、同時にお腹回りと太もも全体から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
    除去した生理食塩水バッグは左右それぞれ約200ccくらいのものでした。
    脂肪注入は、左右の胸に約100ccずつ注入することができました。
    術後6ヶ月には、生理食塩水バッグが入っていたときよりはだいぶ胸が小さくなりましたが、程よい膨らみのある胸にすることはできました。
    また、お腹回りと太もも回りは、脂肪吸引をしたことにより、一回り細くなってすっきりしました。
    豊胸バッグを取り除いて、胸が小さくなってしまうのが嫌な場合、脂肪吸引をする皮下脂肪がある程度たくさんある場合は、バッグを取るのと同時に脂肪注入をすることができます。
    その場合、豊胸バッグが入っていたときの胸より小さくなってしまうことが多いですが、本来の自分の胸よりは大きくなります。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去)

    ¥500,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    ※全身麻酔で行う場合は、全身麻酔代が別途¥50,000かかります。

    脂肪吸引

    両ウエスト(側腹部) ¥200,000~300,000 / 下腹部(へそ下おなか) ¥380,000~570,000 / 上腹部 ¥200,000~300,000 / 両上腕部(二の腕) ¥280,000~420,000 / 両大腿(内側・外側・前面・後面・ひざ周り) 各 ¥380,000~570,000 / ふくらはぎ ¥380,000~570,000 / 臀部(おしり) ¥380,000~570,000 / ホホ、あご 各 ¥280,000~420,000 / 背中 ¥380,000~570,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    ※脂肪吸引は取る脂肪の量によって料金が変わります。詳しくは診察時にご確認ください。

    ピュアコンデンス脂肪注入豊胸

    ¥300,000※別途脂肪吸引代がかかります 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 15~60分
術後の通院 1回
術後の腫れ 大きな腫れは1~3日
抜糸 手術日から1週間後
入院の必要性 なし
麻酔 全身麻酔あるいは局所麻酔