陥没乳頭

炎症の原因や授乳時の障害にも
引っ込んだ乳首を整える

豊胸・
バスト・乳首

他の施術一覧

陥没乳頭の特徴

出ているはずの乳首が、引っ込んだ状態の『陥没乳頭』は、日本人によく見られる症状。刺激すると出てくる場合は問題ありませんが、重度の場合、そのままにしておくと授乳の妨げになるほか、乳頭や乳腺の炎症の原因になることも。見た目の問題以上に、衛生面の問題が深刻です。陥没の状況は一人ひとり異なるので、手術方法も色々。基本となるのは、乳輪部分を切開し、裏から乳首を押し上げて凸型に整えるという手術で、授乳に必要な乳管を傷つけず、傷跡も目立たないのが特徴です。

【通常の乳頭】 【陥没乳頭】中央の一部の乳管が、未熟でつっぱっている→つっぱっている乳管を解除し、乳頭をひっぱり出して固定。周りの正常な乳管は温存するので、授乳も可能です。

陥没乳頭の原因、分類について

陥没乳頭の原因、分類について解説させていただきます。

陥没乳頭(乳首)というのは、通常、表に突出しているはずの乳首が中に入り込んでしまっている状態のことをいいます。
原因は、乳腺で作られた母乳を乳首まで運ぶ乳管が未発達で短いため、乳首が乳管に引っ張られて陥没するといわれています。

最近は食生活の変化などにより、昔に比べるとバストの大きい女子が増え、それに比例して陥没乳頭も増えているといわれています。
それは、バストの成長に乳管の成長が追い付かないためだともいわれており、あるデータによると、程度の差はあれ、近年の若い女性は5人に1人くらいは陥没乳頭だともいわれています。

正常の乳房、乳頭の解剖。 乳腺で造られた乳汁(母乳)は乳管を通り、乳頭の先から射乳される。
成長前の乳房、乳頭。
乳腺、乳房の発達に、乳管の発達が追いつかないと、短い乳管にひきつられた乳頭が取り残され、陥没乳頭になってしまう。

陥没乳頭は、真性と仮性に分類される

陥没乳頭は大きく分けて仮性と真性の2種類に分けられます。
仮性は、普段は陥没していても刺激をすると表に出てくるタイプで、将来授乳することはできるので、主に見た目が問題になります。

仮性陥没乳頭。
普段は陥没している。
指などで刺激をすると、
陥没していた乳頭が出る。

真性は、刺激をしても出てこず、常に陥没しているタイプで、将来授乳することができないので、見た目だけでなく、機能的にも問題です。

真性陥没乳頭。
指などで刺激をしても、
乳頭は陥没したままで出てこない。

真性でも仮性でも、手術をすれば、常に乳頭が出ている正常な状態にすることができます。
陥没乳頭は、陥没している部分に垢や分泌物が溜まり不潔になりやすく、細菌が繁殖して乳腺炎になることがあるので、健康面でも注意が必要です。
美しいバストというのは、形が良く、程よい大きさのバストに、程よい大きさの乳輪に、程よい大きさで綺麗な形の乳首がついているものです。
見た目の問題、機能の問題、健康面の問題からみても、陥没乳頭は治療した方が良いことが多いです。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

陥没乳頭

片方 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(1年後)
    • 陥没乳頭

    20代女性陥没乳頭

    高須幹弥医師からのコメント

    20代女性の患者様で、陥没乳頭を治したいというご要望で来院されました。
    診察させていただいたところ、両側の乳頭(乳首)が完全に陥没しており、刺激をしてもほとんど出てこない、重症の陥没乳頭でした。
    また、まだ未婚であり、今後、妊娠、出産、授乳する可能性が非常に高いということでした。
    手術は、局所麻酔下に、乳頭の真ん中のくびれている部分を切開し、可能な限り乳管を温存しながら、乳管の周りの結合組織をハサミで縦に割き、引っ込んでいる乳頭を引っ張り出しました。
    特に真皮弁を起こすような操作はせず、乳頭基部の真皮を溶ける糸(吸収糸)で縫合した後、乳頭同士も吸収糸で縫合し、表面を細いナイロン糸で縫合しました。
    術後は陥没していた乳頭が綺麗に出て、バランスの良いバストになり、後戻りも起きていません。
    また、乳管を可能な限り温存したため、今後、妊娠、出産、授乳することがあっても、授乳時にちゃんと母乳を出すことができます。
    陥没乳頭は、乳腺の発達に、乳管の発達が追い付かなくて生じることがほとんどであるため、この方のように、比較的バストが大きい人に見られます(貧乳で陥没乳頭の人はいません)。
    バストが大きくて形が綺麗なのに陥没乳頭だと、バランスが悪く、見た目も美しくないので、手術で治してあげるのが良いと思います。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    陥没乳頭

    片方 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After
    • 陥没乳頭

    女性陥没乳頭

    奥田裕章医師からのコメント

    刺激すると乳首が出てくる、軽度の陥没乳頭だった方です。恋人や友人と一緒に入浴する際などにいつも胸を手で隠していたのだそうです。
    引っ込んでいた乳頭を手術でしっかり押し上げて、美しい形状になりました。
    陥没乳頭は垢がたまりやすく、ニオイや感染症の原因になるという問題もあります。衛生面も含めて、早めに悩みを解決してしまいましょう。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    陥没乳頭

    片方 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After
    • 陥没乳頭

    女性陥没乳頭

    高須幹弥医師からのコメント

    思春期頃から人とは違う乳首の形状に悩まれていました。ご本人は見た目を気にされていましたが、問題はそれだけではありません。
    この方の場合は、刺激しても乳頭が出てこない重度の陥没乳頭。ここまで乳頭が陥没していると授乳ができないのです。未婚の方でしたが、将来に備える意味も含めて手術をすることになりました。美しい乳首を手に入れ、授乳の不安も解消。晴れやかな笑顔で、クリニックを後にされました。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    陥没乳頭

    片方 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 1~2回
術後の腫れ 1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能