腹リダクション
(お腹のたるみ取り)

お腹の脂肪やたるみ手術でスレンダーボディへ

脂肪吸引・
痩身・部分痩せ

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

腹リダクション(お腹のたるみ取り)の特徴

たっぷり溜め込んだ脂肪と同時に、皮膚のたるみやしわが気になる人にご検討いただきたいのが、『腹リダクション』。手術は、脂肪を皮膚ごと切除して縫い合わせるというもの。一度に大量の脂肪とさよならできるのはもちろん、たるみやしわを一緒にケアするので、ボディラインを一気に美しくすることができます。
帝王切開や子宮筋腫などでお腹に手術の傷跡がある場合は、その傷跡も同時にきれいに。妊娠線のひどい人はその皮膚を切除することで、妊娠線を取ることができます。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

腹リダクション(お腹のたるみ取り)

¥1,600,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

症例写真

  • Before After(6ヶ月後)
    • 腹リダクション(お腹のたるみ取り)

    30代男性お腹の皮膚のたるみとり手術(腹部リダクション)を行った30代男性の症例写真

    高須幹弥医師からのコメント

    30代男性の患者様でお腹の皮膚のたるみ取り手術を希望して来院されました。
    元々、体重が130kg以上あったとのことですが、食事制限と運動で、自分でダイエットし、80kgまで減量されたとのことでした。
    診察させていただいたところ、お腹周りの皮膚が伸びて、大量に余っており、エプロンのように垂れ下がっていました。
    特にへそ周囲の皮膚が余っており、その部分の皮膚は、皮膚線条(俗に言う皮膚割れ)が酷く、目立っていました。
    大量に皮膚が余っているため、レーザー治療、脂肪溶解注射、脂肪吸引などの治療は全く適応はなく、お腹のたるみ取り手術(腹部リダクション手術)が適応になり、患者様も最初からその手術を望んでいました。
    腹部リダクション手術は、皮膚切除して、へその下に傷跡がくるデザインや、それよりもう少し下の鼠径部に傷跡がくるデザインなどがあります。
    この患者様の場合、へそ周囲の皮膚が大量に余っており、その部分の皮膚に皮膚線条が集中しているため、へそ周囲の皮膚を中心に皮膚切除する術式で行うことになったため、必然的にへそ下に傷跡がくるデザインになりました。
    手術は全身麻酔下に行い、へそ周囲で余っている皮膚を紡錘形に切除し、切除した皮膚の頭側の皮膚に新しいへそがくるようにしました。
    手術後は、お腹の余分な皮膚のたるみがなくなり、スッキリしたボディラインになりました。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    腹リダクション(お腹のたるみ取り)

    ¥1,600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

  • Before After(6ヶ月後)
    • 腹リダクション(お腹のたるみ取り)

    30代女性お腹のたるみ取り手術(腹部リダクション)の腫れが引いていく症例写真

    高須幹弥医師からのコメント


    • 皮下脂肪がたくさんついていますが、皮膚のたるみもたくさんあります。

    • どれくらいの量の皮膚を切除すれば良いのか、手でつまんでデザインします。

    • ヘソ周囲の余分な皮膚をデザインしました。

    • デザイン完了です。妊娠線、皮膚割れのある綺麗じゃない皮膚を中心に皮膚切除し、その周囲は脂肪吸引することになりました。

    30代後半女性の患者様で、お腹の脂肪と皮膚のたるみと妊娠線、皮膚割れを改善したいというご要望で来院されました。
    診察させていただいたところ、お腹回り全体にたくさん皮下脂肪がついており、へそ回りの皮膚が大量にたるんでいました。
    へそ回りの余っている皮膚には妊娠線、皮膚割れがしっかりと刻まれていました。
    患者様のご希望は、「お腹の脂肪をとって、皮膚のたるみをスッキリさせて、妊娠線もとりたい」というご要望でした。
    それら全てを改善するにはお腹のたるみ取り手術腹部リダクションしかないため、その手術の説明をさせていただいたところ、納得され、手術をすることになりました。
    全身麻酔下に、上腹部、下腹部、ウエスト、わき腹の脂肪吸引をし、へそ回りの妊娠線が刻まれている皮膚を中心に皮膚切除し、新たにへそを形成しました。
    術後はお腹前面のへそ下に3/5周程度の細い1本の傷跡が残りましたが、たるみがとれてスッキリしました。
    この患者様のように、お腹の脂肪がついているだけではなく、皮膚が大量にたるんでおり、妊娠線や皮膚割れもある場合、脂肪吸引だけをすると、脂肪の量は減りますが、皮膚は余計にたるんでしまい、妊娠線や皮膚割れを改善させることもできません。
    全てを改善するには腹部リダクション手術しかありませんが、必ず傷跡は残るし、年月が経っても傷跡が完全に消えることはありません。
    傷跡が残っても良いので、たるみや妊娠線、皮膚割れをとってスッキリさせたいという人にご検討いただきたい手術です。

    この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
    料金

    腹リダクション(お腹のたるみ取り)

    ¥1,600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

    リスク・副作用・合併症

    詳細を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2時間
術後の通院 1~3回程度
術後の腫れ 強い腫れは2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 程度によります
入院の必要性 程度によります
麻酔 局所麻酔もしくは全身麻酔