Wプラスティ

とことん仕上がりにこだわるなら
傷も色の違いも目立ちにくい

男性器
(包茎、長茎など)

他の施術一覧

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

Wプラスティの特徴

顔の手術などで傷跡を目立たせない形成外科で培った技術を、包茎治療に応用したのが『Wプラスティ』。包皮のかぶり具合が大きいカントン包茎や真性包茎を、より自然に仕上げるのに適した方法です。
手術は、亀頭の直下または陰茎の根元で余分な包皮をW型(ジグザグ)に切除し、亀頭を露出させて縫合。ジグザグに切除することでより多くの包皮を取り除くことができ、さらには陰茎の色味も自然なグラデーションに。また、傷跡がジグザグに伸びるアコーディオン効果で、より目立たなくなります。高度な技術を要する手術ですが、約30分で終了するのも魅力です。介護を受ける事になった方が、介護者に気をつかって、施術を受けられることがあります。

亀頭直下で切除した場合/陰茎根元で切除した場合

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

Wプラスティ

¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

Wプラスティ

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 なし~1回
術後の腫れ 強い腫れは1週間程度(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 シール麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能
性交渉 約3週間後より可能
通勤、通学 翌日より可能